ホーム > タグ > まとめ

まとめ まとめ

11~12月のくまニュースまとめ

記事海外のしろくま
ベルリン動物園のシロクマ「クヌート」が2歳に (2008/12/04)
クヌート、ベルリンにお別れ?=来春にも引っ越し-独 (2008/12/04)
記事についてのコメント人工飼育の他にも「黒いしろくま」としても有名なクヌートが12/5に2歳の誕生日を迎えました。おめでとう!引っ越しの話もあるようです。
旭山動物園の獣医さんが黒いしろくまの理由について解説してくれています。
クヌート:茶色に見えるわけは? 旭山動物園獣医に聞く

フロッケに双子の兄弟誕生、独動物園に新たなクマのスター? (2008/11/27)
記事についてのコメントフロッケの母グマが双子を産んだらしいです。フロッケ、目ちっちゃいなー。

世界最高齢のホッキョクグマが死ぬ、41歳 カナダ (2008/11/19)
記事についてのコメント日本最高齢の京都のポールは、この世界最高齢だったデビーの息子なのです。長寿遺伝子!
日本最高齢のホッキョクグマ「ポール」人気集める (2008/11/30)

記事国内のしろくま
幸せの黄色いガス管 シロクマに新しいおもちゃ (2008/11/23)
記事についてのコメント黄色いガス管がしろくま達の間でブームに!
愛用クマは、ピースから始まり、ピリカゴーゴ、ロッシーにも。

おすすめグッズ

フロッケ(Flocke)シッティング16cm
■黄色タグ(定番)■シュタイフ


10月のくまニュース

久々のくまニュースまとめ。
洞爺湖サミットの頃はしろくまの話題もわりとあったんですけど。
フロッケもあんまり話題に上がらなくなってきました。

記事国内のしろくま
しろくまロッシー債:静岡市、動物園整備に公募債 ボクのおウチ建てるョ (2008/10/22)
記事についてのコメント日本平動物園の子グマの名前が…「ロッシー」に決定……
正直…、いや、なんでもないです。悪くないと思いますよ。
地球日本平動物園のホームページはこちら
全体的にロッシーがちりばめられており、ものすごく推されている感じがします。
見に行きたいなー。

寒さなんの動物生き生き 「旭山」 冬季営業スタート (2008/11/02)
記事についてのコメント11月のニュースですけどこっちに入れてしまいます。
冬の旭山は最高です。一度行った方がいいです。行かないと損するなんてことはないですけど、行ったら得した気分になれるはず。雪がどっさり降った頃に、完全防備で臨むとしろくま気分で一興です。

記事野生のしろくま
北極圏のロシア東端から消えつつあるシロクマ (2008/10/27)
記事についてのコメント温暖化で困っている上に、「毛皮を目当てに射殺されるシロクマも増えている」んだとか。
人間ってどれだけ馬鹿なの?何度歴史を繰り返せば気が済むんだか。

記事しろくまグッズ
シー・シー・ピー、野生動物の赤ちゃんぬいぐるみ「ベイビーアニマル」 (2008/10/28)
記事についてのコメントなんだか少女マンガチック。写真では微妙ですけど、実物見たら印象違うのかも。


5月前半のくまニュース

記事アメリカで、ホッキョクグマが絶滅危惧種に
シロクマを絶滅危惧種に指定=温暖化の影響を理由に-米
ホッキョクグマが危惧種に地球温暖化で米政府指定
米政府、ホッキョクグマを絶滅危惧種に指定
温暖化「被害者」ホッキョクグマ、やっと絶滅危惧種入り
記事についてのコメントようやっと指定されたんですね。
と、思いきやこちらでは↓
ホッキョクグマ保護のため温暖化対策を、環境団体が提訴

米内務省は14日、ホッキョクグマを同法に基づき「絶滅の恐れのある種」に指定すると発表、実態調査やカナダと共同の保護策に乗り出すと表明したが、温室効果ガス削減までは踏み込まなかった。

これに対して環境保護団体が16日に新たな訴えを起こし、内務省の決定を退けるよう求めている。

環境保護団体側は、ホッキョクグマの生存を脅かしている根本的な要因に対応しないのは、絶滅危惧種法違反に当たると主張。ホッキョクグマが同法のリストに追加されたことは評価しながらも、「絶滅の恐れのある種」よりも深刻度が高い「絶滅危惧種」に指定すべきだと訴えている。

記事についてのコメント絶滅危惧種ではない…?危惧種のランクの問題かな。
どの記事にも詳しく書いてないなあ。
とにかく、一番大事なのはしろくまが涼しくお腹いっぱいに暮らせることだと思います。

記事海外のしろくま
ちょっと「ブルー」なホッキョクグマ、米動物園の保護活動イベントの一環で (2008/05/12)
記事についてのコメントエエエエエ?なんで?理由は?保護活動と青に染めるのとなんの関係が?

記事国内のしろくま
ホッキョクグマお見合い 円山動物園で繁殖挑戦 (2008/05/14)
記事についてのコメントツヨシとピリカのお父さんであるデナリが、お母さんであるララとは違うメスグマ(サツキ)とお見合い。しかしこのサツキは、息子のピリカの嫁となる予定だったのです。繁殖期を迎えたらピリカともお見合いするのかな。しろくまの世界も複雑です。


4月後半あたりのくまニュース

記事海外のしろくま
ロシアに春到来、ホッキョクグマもお目覚め (2008/04/26)
記事についてのコメントあれ?ホッキョクグマは冬眠しないはずでは…?メスグマが出産のために冬ごもりするくらいで、冬眠しないと思っていたんだけど。しかも動物園で冬眠???
このサンクトペテルブルクの動物園というのが、日本にもよくしろくまのこどもを提供してくれるレニングラード動物園であるようです。
レニングラード動物園の公式サイト[http://www.spbzoo.ru/]
看板にしろくまを使っているところが素敵だなあ。

シロクマが子グマたちに魚を捕ってやっている写真 – GIGAZINE
記事についてのコメントたぶんこの写真もレニングラード動物園。
機械翻訳してみたら「PeterとKrasinaに魚の獲り方をおしえている」と書かれているみたい。(ロシア語表記だとПетраとКрасина)
レニングラード動物園の公式サイトに書かれている事から推測するに
「昨年11月に生まれた二頭の子グマが4/20に一般公開されていて、6月には二頭の子グマのうち一頭はモスクワに、一頭は日本に」ということみたい。
この写真のPeterとKrasinaのどちらかが日本平動物園にくる模様!

記事環境
ホッキョクグマ:絶滅危惧種指定、政府は決断せよ 米連邦地裁が命令 (2008/04/30)
記事についてのコメント絶滅危惧種指定問題に動き


4月前半のくまニュース

記事国内のしろくま
日本平動物園 ホッキョクグマレポート
記事についてのコメント国内最高齢だったピンキーが亡くなってからしろくま不在の静岡の日本平動物園に子グマがやってきます。リンク先で動画見られます。夏に来園、年末公開予定だそうです。

記事海外のしろくま
【アニマル大集合】親子の愛情、野生の厳しさ…動物たちの子供の世界! (2008/04/12)
記事についてのコメントフロッケの写真ちらほら。
ドイツ・シュツットガルト動物園に、第3のシロクマアイドル「ウィルベア」登場 (2008/04/17)
記事についてのコメントドイツのウィルベア君。こちらはきちんと子育てされています。母子の絡みっていいよね。
盛り上がるシロクマブーム 「金儲け主義」の批判も (2008/04/20)
記事についてのコメントウィルベア君の写真ちらほら。ドイツはしろくまがたくさん生まれてうらやましい。フロッケとウィルベア君は誕生日が一日違いらしい。ウィルベア君の方が年上。

記事環境
カナダのホッキョクグマ、40年以内に絶滅の恐れ WWFが警告 (2008/04/21)
記事についてのコメントカナダ北部に暮らす、世界のホッキョクグマのうちの3分の2が絶滅する可能性。北で暮らしてこそのホッキョクグマ、動物園だけでなく野生でも生き残ってほしいです。


3月後半のくまニュース

記事フロッケ
ホッキョクグマのフロッケ、水遊びを楽しむ (2008/03/18)
ホッキョクグマのフロッケ、カメラ目線もばっちり (2008/03/18)
ホッキョクグマのフロッケ、芝のかけらで初遊び (2008/03/19)
ドイツのシロクマの赤ちゃん「フロッケ」、元気に育つ (2008/03/20)
初雪にびっくり、ホッキョクグマのフロッケ (2008/03/21)
記事についてのコメント相変わらず元気です。

記事国内のしろくま
「ゴーゴ君御殿」にカンパを 天王寺動物園 (2008/03/23)
記事についてのコメントお近くの人はぜひカンパしてあげてほしいなあ。上野もどうにかしてくれるといいんだけど。

記事環境
北極圏の島、人とホッキョクグマの共生に異変 気候変動も一因か (2008/03/25)
記事についてのコメント海がろくに凍らないので陸をうろつくことに。

ぼやぼやしていたらニュース記事がひとつ消えてしまっていた。
北海道新聞の記事だったんだけどなんだったろうか?


3月前半のくまニュース

記事クヌート
世界一有名なホッキョクグマのクヌート、銀幕デビュー (2008/03/03)
記事についてのコメントこれはすごく面白そう。日本でも公開されるかな。
クヌート人気の余波、別の動物園が権利を主張 (2008/03/09)
記事についてのコメント周辺の人間たちがドロドロしてまいりました。父親を貸し出したかもしれないけど、ここまで人気になったのは母親が飼育放棄して人間が親代わりになったこと、愛護活動家が安楽死を迫ったと間違って伝わったこと、とか様々な要因があると思いますけど。権利がないとは思わないけど。きっとクヌートの父親はそんな小さいこと気にしてないぜー

記事フロッケ
ぐんぐん育つフロッケ、動きも活発に (2008/03/11)
記事についてのコメントファッションセンスも抜群
ねえ遊ぼうよ! ホッキョクグマのフロッケはいたずらっ子 (2008/03/14)

記事海外のしろくま
ウィーンの動物園で双子のホッキョクグマがお目見え (2008/03/06)
記事についてのコメントわあ双子だ!これはかわいい!本来しろくまは2~3頭の子グマを生むはずが最近は一人っ子が多いのですよね。野生は特に。動物園もなぜか。
【アニマル大集合】まっしろ!ふわふわ!つぶらな瞳! (2008/03/09)
記事についてのコメントこちらにも写真がありました。母グマはオリンカという名前だそうです。モスクワの親子は薄汚れていて愛らしい。

記事国内のしろくま
クマには暑い もうダイビング (2008/03/16)
記事についてのコメント八木山動物公園は好きな動物園の一つです。これは三頭のうち、どの熊だろう。
ホッキョクグマ、レニングラード動物園から静岡市へ (2008/03/17)
記事についてのコメント調べてみるとこのレニングラード動物園は、今までにも日本にしろくまを送ってくれています。↑の八木山のカイもそう。上野のレイコさんもそうなんですと!親戚だったりするのかなあ。

記事環境
【動画】街に出没するホッキョクグマと人命、両方を守る活動家たち (2008/03/11)
記事についてのコメントしろくまと共生する街、チャーチルの取材動画。AFPは動画ニュースも配信してるのか。すごい時代だ。
米にシロクマの危惧種指定を要求=環境団体、先住民らは反発 (2008/03/11)
アラスカ先住民、ホッキョクグマの絶滅危惧種指定に「待った」 (2008/03/11)
記事についてのコメント先住民はしろくま狩猟ライセンスを外国人に売って生活の糧にしたりしているらしいですね。話題になったしろくまとグリズリーのハイブリッドも、ライセンスを購入した米国人男性が撃ち殺したんですよね。地元の人が狩るならまだしも、お遊びでしろくまを殺しに遠路はるばる来るなんて悪趣味だと思ってしまう。
北極圏生まれのアザラシの赤ちゃん、地球温暖化で生命の危機に (2008/03/11)
記事についてのコメントアザラシが減るとおなかがすいてとても困る。


2/3~2/9のくまニュース

記事環境
アラスカ天然資源採掘問題で、国際NGOがホッキョクグマの絶滅危惧種指定を訴え (2008/02/05)
記事についてのコメント絶滅危惧種じゃないんだっけ?と思って調べたら、
かつての「絶滅危惧」種の一つ下の「危急」種にあたる「絶滅危惧II類」ということかな?
あれ?「絶滅危惧I類」にあげろということ?

記事話題
インドの芸術祭に「毛むくじゃらの車」登場、名前はシロクマ (2008/02/06)
これはよいふさふさ感。

記事国内のしろくま
しろくまピースの写真展 (2008/02/07)
記事についてのコメントいよてつ高島屋にて。


Home > Tags > まとめ

おすすめグッズ

高品質激安ハロウィン仮装コスプレ衣装ハロウィン 動物衣装09 ホッキョクグマ(大人用)◆COSEM...

ホッキョクグマ
コスチューム
(大人用)

ハロウィンコスプレ 仮装コスチューム56008ホッキョクグマさん コスチューム ベビー用/仮装コ...

ホッキョクグマ
コスチューム
(ベビー用)

可愛いアニマルシールで携帯をデコ電♪【あす楽対応】 【携帯電話 ...

携帯電話 シール
うつし金蒔絵
動物園の仲間たち

リアルタイムランキング入賞★あす楽対応★対象スタンド2点以上ご注文で...

スマホスタンド
シロクマ

【ポイント10倍 あす楽対応】【QUALY POLAR ICE TRAY アイス...

製氷器
ブロックアイス
シロクマ

スモーキーな色使いにかわいいシロクマ柄♪アイ...

ロロスツイード
ブランケット
シロクマ柄♪


このページの上の方にもどる▲