Home

北極.net

こんにちは、よろしくね

北極.netでは、しろくまに関するニュースをメモしたり、
国内の動物園で暮らすしろくまの情報をまとめて地図にしてみたり、
しろくまに関することやモノを大小問わず集めています。
左のメニューの「カテゴリー」や「タグクラウド」から、
興味のあるキーワードを選んでみて下さい。

【訃報:3/6】フリッツ(享年4ヶ月):Berlin’s Teirpark zoo

衝撃でちょっと言葉がないですね…
先日3ヶ月で名前が決定したばかりのフリッツ、生後4ヶ月にして亡くなってしまったようです。
フリッツはドイツ・ベルリンの公式サイトTierpark Berlinで11月3日に生まれたオスの子グマで、無邪気でかわいらしい映像で人気でした。
つくづく、生命が芽生えて、誕生し、成長して大人になるというのは奇跡の連続なのだなと思います。
今月中に一般公開の予定だったのに。
どうか安らかに。

On Monday evening, he succumbed to a liver inflammation. Vet Dr Andreas Pauly and keeper Jeane Falkenberg were tending to the sick little bear in the Tierpark’s clinic. At around 7:30 p.m. Fritz’s breathing became irregular and the vet administered a respiratory stimulant. Fritz was also given oxygen and a cardiac massage, but unfortunately none of those measures helped. At 8 p.m. he was declared dead.

記事についてのコメントフリッツは月曜の早朝に力なく横たわっているところを発見されました。
血液検査で肝臓の異常が見つかり、抗生物質と鎮痛剤を投与されましたが体調は回復せず、月曜の午後8時頃に亡くなったということです。
動物園のディレクターさん、当然ですが落胆しています。
名前決定の時にとても嬉しそうな姿を見ているだけに胸が痛いですね…

Fritz the Polar Bear Cub Dies Suddenly at Tierpark Zoo
そしてその悲しみはフリッツの母グマTonjaも。
フリッツを探してナーバスになっていたものの、現在は落ち着いているとのこと。

Tiny polar bear cub Fritz found tragically dead at Berlin zoo after winning hearts with adorable snaps
日曜の時点で様子がおかしかったようですね。

Berlin zoo’s Fritz the polar bear cub dies at 4 months old | Daily Mail Online
元々フリッツは双子で生まれ、片方は出産直後に亡くなっていたようです。
月曜の午後7時30分頃に呼吸が不規則になり、その30分後に死亡したということです。

Berlin’s beloved polar bear cub Fritz dies in Tierpark zoo
4-month-old Fritz, the beloved Berlin zoo polar bear, dies – CNN.com
Tragedy as Fritz the polar bear cub dies aged just four months after suffering liver problems – Mirror Online
その他たくさんニュース記事はあるんですけど。
数の多さに、注目度の高さやフリッツの人気ぶりが伺えて切ないです。


しろくまのチョコを作ってみた

Happy Valentine’s Day!
というわけで、気になっていたシリコン型を使ってしろくまチョコを作ってみました。
溶かして固めただけで作ったと言えるのかは甚だ疑問ではあります。

以前紹介したSilicone zoneのMy Animals チョコレートモールド ポーラーベア(シロクマ)を使用しました。
このシリコン型を買うと、売り上げの1%以上を環境保護のための公共事業団体へ寄付することになるようなので、チョコ祭に乗っかりながらもわずかでも環境保護に貢献した気分になれます。

しろくまチョコ

ホワイトチョコはカカオ分40%と書かれているものにしました。
個人的にはホワイトチョコは苦手で、チョコじゃなくて砂糖の仲間だと思っています q:3
でもこのチョコは原材料表示の一番目が「ココアバター」だったのでまあいい方かな。
東京ハンズで買いました。
チョコペンはそのへんのスーパーで買った安いやつ。
シリコン型の鼻と目の部分にだけ、チョコペンの黒をつまようじの先でチョンチョンとつけ、ホワイトチョコレートを流し込む。
ホワイトチョコ一袋でちょうどくらいの量でした。
その結果がこのしろくまの群れ。失敗したのもいるね…

しろくまチョコ

見た目のいいやつだけ選んで箱の中に。

しろくまチョコ

ハートから覗く(‘(エ)’)

しろくまチョコ

という感じで想像通りのものができました。
シリコン型は氷を作ってもいいようなので、今後は牛乳を数滴足した氷を作って楽しもうかな。

↓私が買った時より値下がりしてるんですが…バレンタイン需要が過ぎればそんなもんですかね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SZ チョコレートモールド ポーラーベアWH バレンタイン 手作り お菓子
価格:1166円(税込、送料別) (2017/2/14時点)



嘘ニュース:ワッフルを食べに来たしろくまの写真は17年前のもの

しろくま界にもフェイクニュースの波が…
近頃話題になっていた「ワッフルの匂いに誘われて窓に現れたシロクマ」という写真、
しろくま好きの人なら見かけたりしたのではないでしょうか。
リンク「突然ですが、こんにちは」ワッフルの匂いに誘われて窓に現れたシロクマがユニーク

元になったのはRedditのこの投稿みたいです。
My uncle, who works on an Arctic research vessel, got an unexpected visitor today : pics
これが話題になり、DailyMailなどが取り上げ、日本にも伝わってきたわけですね。
投稿者は「北極の研究船で働く叔父さんが今日撮った写真だよ〜」と言っているようですが、
この写真が撮影されたのは17年前。
Norwegian Polar Instituteによると、場所は実際に北極の研究船Lanceの上であるものの、
写真に写っている男性は今は引退しており、研究者でもないそうです。
17年前にはルールが違ったかもしれないけど、
現在では野生のホッキョクグマに餌を与えたりはしないんだからね!とおっしゃってますね。

A 17-year-old photo taken aboard a Norwegian research vessel has been given a new life, much to the disappointment of the Norwegian Polar Institute.

誰が撮ったかわからない写真をさも自分の身内が撮ったように作り話をして触れ回る人の心理ってわからないな。
3時のコーヒーでワッフルを作っていたとか言っちゃってさー。
嘘の片棒を担がないように慎重にまとめないとなー。

写真付き記事Amazing moment polar bear pops its head into Arctic boat | Daily Mail Online(記事訂正済み)
リンクLiker ikke at dette 17 år gamle bildet sprer seg på nett – NRK Troms – Lokale nyheter, TV og radio



おすすめグッズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

えんとつと北極のシロクマ [ 藤原幸一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/7時点)


しろくまの小物入れ

しろくまの陶器の小物入れがほしいなーと常々思っていたところ、
StudioCLIPで見かけたので購入。
もうちょっとリアルな方が好みなんですけど〜 q:3

box01 box02

トリンケットボックスとか、ポタリーケースとか言うらしいですね。
何を入れようか思案中。

リンクstudio CLIP(スタディオクリップ)の「トリケット シロクマ(インテリアアクセサリー)」 – WEAR
記事についてのコメントオンラインショップでは品切れですが、
店舗にはまだ残っているかも。


フロッケのその後 まとめ

同じドイツのしろくまということでフリッツのニュースのたびに名前のあがるクヌート。
クヌートはとても愛されていたドイツのしろくまスターだったのですが4歳の若さで急死…
そして同じくドイツのしろくまアイドルとして人気だったのがフロッケ。
今どうしてるのかな?と思い出して調べてみたら、2014年にお母さんになっているんですね!
(有名な話なんでしょうけどしろくま情報収集を怠っていた時期なので知らなかった )^3
ドイツからフランス公式サイトMarinelandにお引越しして、ラスプーチンとペアリングして無事出産。
人工哺育で育ったフロッケですが、悪い流れを断ち切ってきちんと自分で子育てした模様。
子グマの名前はHope。もう2歳なんですね。母子仲が良さそうで何より。
希望だらけの素敵な物語だなあ (Z:3

母クマのフロッケ(Flocke:ドイツ語で雪のひとひらだそうです)はドイツの動物園で、母クマの育児放棄のため人工哺育で育てられました。人工哺育で成長したホッキョクグマとして、あの一世を風靡したクヌートと並んで有名だそうです。人工哺育でこのような経験をした個体は繁殖に問題が出ることがあると心配され、そんな中誕生した赤ちゃんグマだけに、フロッケとの仲睦まじい姿に来園者の喜びはひとしおです。


Hope, a four month baby bear, plays with its mother Flocke at the Marineland animal park in Antibes March 23, 2015. The baby bear was born on November 26, 2014 at the park.

記事についてのコメントホープは2014年11月26日生まれ。いいふろ…フロッケ…

公式動画が見当たらないからYoutubeの皆さんの投稿動画を貼り付けておこう
動画付き記事flocke hope – YouTube


おすすめグッズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シュタイフ世界限定テディベア2008アルパカ製フロッケオーナメント
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)


Home


このページの上の方にもどる▲