5月前半のくまニュース

記事アメリカで、ホッキョクグマが絶滅危惧種に
シロクマを絶滅危惧種に指定=温暖化の影響を理由に-米
ホッキョクグマが危惧種に地球温暖化で米政府指定
米政府、ホッキョクグマを絶滅危惧種に指定
温暖化「被害者」ホッキョクグマ、やっと絶滅危惧種入り
記事についてのコメントようやっと指定されたんですね。
と、思いきやこちらでは↓
ホッキョクグマ保護のため温暖化対策を、環境団体が提訴

米内務省は14日、ホッキョクグマを同法に基づき「絶滅の恐れのある種」に指定すると発表、実態調査やカナダと共同の保護策に乗り出すと表明したが、温室効果ガス削減までは踏み込まなかった。

これに対して環境保護団体が16日に新たな訴えを起こし、内務省の決定を退けるよう求めている。

環境保護団体側は、ホッキョクグマの生存を脅かしている根本的な要因に対応しないのは、絶滅危惧種法違反に当たると主張。ホッキョクグマが同法のリストに追加されたことは評価しながらも、「絶滅の恐れのある種」よりも深刻度が高い「絶滅危惧種」に指定すべきだと訴えている。

記事についてのコメント絶滅危惧種ではない…?危惧種のランクの問題かな。
どの記事にも詳しく書いてないなあ。
とにかく、一番大事なのはしろくまが涼しくお腹いっぱいに暮らせることだと思います。

記事海外のしろくま
ちょっと「ブルー」なホッキョクグマ、米動物園の保護活動イベントの一環で (2008/05/12)
記事についてのコメントエエエエエ?なんで?理由は?保護活動と青に染めるのとなんの関係が?

記事国内のしろくま
ホッキョクグマお見合い 円山動物園で繁殖挑戦 (2008/05/14)
記事についてのコメントツヨシとピリカのお父さんであるデナリが、お母さんであるララとは違うメスグマ(サツキ)とお見合い。しかしこのサツキは、息子のピリカの嫁となる予定だったのです。繁殖期を迎えたらピリカともお見合いするのかな。しろくまの世界も複雑です。

5月前半のくまニュース」への80件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*