とべ動物園のバリーバがズーラシアにお引っ越し

人工哺育されたことで有名なピースの母親であるバリーバが
14年間過ごしたリンクとべ動物園を離れ、リンクよこはま動物園ズーラシアへ。
ジャンブイとの繁殖に挑戦します。
時間がたってしまったので、順を追ってまとめておこう。

【バリーバ移動の発表】
記事ホッキョクグマ・ピースの母バリーバ新天地へ 6日にお別れ会【via 47NEWS】…2011-11-06
記事についてのコメント「新天地」を「天国」と空目して、亡くなったかと驚いた o:3
しろくまの国内での飼育頭数は10年前の61頭だったものの、現在は45頭に減少。
バリーバのスーラシア行きは、昨年11月に発足した「繁殖検討委員会」によるもの。
デンマーク生まれスイス育ち、愛媛でピースを産み(他3頭産んでいますが育たず)、新天地横浜へ。
飼育員の高市さん(ピースの育ての母)によると

「誇り高く野性味たっぷりのバリーバは、ヒグマのように食べ物には決してつられず、すんなりと寝室に入ったことは14年間で一度もなかった」
「苦労も絶えなかったが、人になつかないところが個性的でかわいらしい」

とのこと。この野性的なところが、繁殖では良い方向に働くかもしれません。

【バリーバへの期待】
写真付き記事ホッキョクグマ 婚活大作戦 国内絶滅ピンチ救え【via TOKYO Web】…2011-11-26
記事についてのコメントバリーバ(20歳)ジャンブイ(19歳)、世代も一緒で気も合うといいんだけど。
バリーバの娘ピースは人工哺育での国内最長生存記録を更新中。エライ! D:3
ズーラシアはバリーバを迎えるにあたって産室も改修。

【出発・到着】
写真付き記事ズーラシアにホッキョクグマ「バリーバ」-愛媛の動物園から来園へ【via 港北経済新聞】…2011-11-28
記事についてのコメント11月29日に引っ越し。
迎えるズーラシアのジャンブイは、今年5月にパートナーのチロ(20歳)を亡くして独り身。

記事バリーバお嫁入り 横浜に向け出発【via 愛媛新聞社】…2011-11-29
記事についてのコメント飼育員さんたちに見守られながらトラックで出発。レンタルの契約期間は3年。
ズーラシアでバリーバの飼育を担当するのは、とべ動物園で飼育実習経験のある女性飼育員さんだそうで!

写真付き記事ホッキョクグマ繁殖計画 愛媛から16時間 ズーラシア到着【via TOKYO Web】…2011-11-30
記事についてのコメントトラックの荷台に乗ったバリーバは28日午後4時ごろ、とべ動物園を出発。
約16時間後の29日午前8時すぎにズーラシアに無事到着。
同居は、発情期に差しかかる1月ごろから。
一般公開は未定。

写真付き記事バリーバが仲間入り【via タウンニュース】…2011-12-08
記事ホッキョクグマ「バリーバ」嫁入り 横浜・ズーラシア【via 毎日jp】
記事についてのコメント来年早々の公開を目指して準備中。
鶏肉やサツマイモなどをためらうことなく食べ、健康診断も問題なし。
園舎の柵越しに対面では、ジャンブイがバリーバを気にする様子。
バリーバの引っ越しを機に設置された産室は奥行き4メートル程度の細長いもの。雑音が聞こえない防音設備も。
17日に21歳の誕生日。

公式サイトホッキョクグマ「バリーバ」の一般公開について | よこはまのどうぶつえん…2011-12-01

とべ動物園のバリーバがズーラシアにお引っ越し」への1,191件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*